池森賢二の息子や兄・義父の家族情報と学歴や経歴を調査!

スポンサーリンク

【池森賢二の息子や兄・義父の家族情報と学歴や経歴を調査!】

「カンブリア宮殿 元気すぎる創業者 引退からの挑戦!なぜ奇跡は起きたのか?」

の今回の放送では、

・ファンケル創業者:池森健二さんのV字回復秘話

・ジャパネットたかた創業者:高田明さんの熱意

といった内容について放送されるようになっています!

そこで今回は

【池森賢二の息子や兄・義父の家族情報と学歴や経歴を調査!】

について、詳しく見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

池森賢二の息子や兄・義父の家族情報と学歴や経歴を調査!

化粧品メーカーとして創業された「株式会社ファンケル」。

無添加化粧品とサプリメントを中心に発展した会社は、一時傾きかけるも今では売上が1,200億円以上、株式時価総額も3200億円以上となり、見事なV字回復!

その立役者となったのが、この池森賢二さんです。

 

こんなすごい池森賢二さんですが、どういった家族の中でそだったのでしょうか。

まずは家族について見ていきたいと思います。

池森賢二の息子は?

池森賢二さんの息子さんは、現在画家をやっているようです。

6月1日、池森氏は82歳になった。息子は画家になり身内に継承者を見いだせず、保有株について考えなければならなくなった。市場で売り出して親族で持つ株がバラバラになるのは避けたかった。
引用元:gooニュース

ですが、何という名前なのかまでは今回の調査ではわかりませんでした。

息子さんは画家という道を歩むと決め、この池森賢二さんとの家族という情報は秘密にしているということですかね?

父の名前を使っては画家として活動したくないという気持ちが察せられます。

そして、この文脈からすると池森賢二さんの息子さんは経営にはタッチしておらず、まったくファンケルという会社には関係していないようです。

 

池森賢二の兄は誰?姉弟についても

池森賢二さんのお兄さんは、クリーニング屋さんを営んでいるようです。

それも「クリーニング店で成功し」となっていますので、だいぶ大きなクリーニング店というか会社なんですね!

お名前は「池森進」さんと言うことです。

後述しますが池森賢二さんが事業にっ失敗して借金をしたときも、お兄さんのクリーニング店で一生懸命働き、2年で返済したとのことです。

すごいですね!

その時の金額は2400万円というのだから、これを2年で返済するってそうとうですね^^;

やっぱり、このバイタリティあってのファンケルV字回復なんですね!

池森賢二さんの兄弟について調べると

兄・池森進

弟・池森政治

ということが判明しました。

ただ、5人兄弟のようですがその他の兄弟のお名前はわかりませんでした。

池森賢二の義父ってどんな人?

池森賢二さんを検索すると「義父」と検索ワードが引っかかるんですが、この「義父」については情報が得られませんでした。

ちなみに池森賢二さんは小学4年生のときにお父さんを亡くしています。

お父さんの名前は「由蔵」。お母さんの名前は「ミセ」といいます。

スポンサーリンク

池森賢二の息子や兄・義父の家族情報と学歴や経歴を調査!

池森賢二さんは、上にも書いたとおり小学4年生のときにお父さんを事故で亡くしたり、いろいろと苦労を重ねてきました。

でも、その経験が合ったからこそ「逆境にこそチャンスが有る!」と信じて頑張って来られました。

次はこの池森賢二さんの経歴や学歴について見ていきましょう!

 

池森賢二の学歴

池森賢二さんは1945年に、家族全員でお母さんである、ミセさんの実家(新潟県)に疎開します。

そこで苦労して生活しましたが、暮らしは良くならなかったので状況。

家族とは離れ離れに暮らして、中学を卒業します。

 

その後はすぐにパン屋で働いたため、高校や大学には進学していません。

ですので、最終学歴は中卒となりますね。

まさに、実務で学んだ知識と経験でファンケルを創業、発展させたんですね!

池森賢二の経歴

上にも書いたとおりパン職人として、10代から働いていた池森賢二さん。

1959年に結婚して、奥さんの実家がある小田原へ移住しました。

そこで、小田原ガスに就職。15年間働きます。

1974年にこの小田原ガスを退職して、アイデア雑貨を販売する会社を仲間と設立。

しかし、意見の食い違いが多くなり倒産してしまいます。そこで、上にも書いたとおり最初にクリーニング店を営んでいた兄の進さんのところで1から(マイナスから?)再出発。

その2年以上もの間に奥さんに会えなかったものの、ようやく再開したときに、奥さんの吹き出物に気づきます。

 

それが化粧品を作るきっかけでした。

当時は化粧品公害というものがあって、肌トラブルを抱える女性が多かったのです。

そういった人達に安心して使ってもらえる化粧品を作る!

その意気込みが無添加にこだわるファンケルの起点だったんですね!

当時としては異色だった「無添加化粧品」。

それを徹底した信念で守ったからこそ今の池森賢二さんがあるのでしょう。

スポンサーリンク

「池森賢二の息子や兄・義父の家族情報と学歴や経歴を調査!」まとめ

今回は「池森賢二の息子や兄・義父の家族情報と学歴や経歴を調査!」と題して調査しました。

池森賢二さんの「正義感」から生まれでた無添加化粧品。

今、様々な科学物質に敏感になった現代人へ向けて、すごい先見の名があった池森賢二さんでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました